プロフィール

代表取締役 三浦 光一

1955年岩手県生まれ
子供の頃より社長になる夢を抱き、高校卒業後上京する。大学卒業時に5年後の会社経営を目指し、商社に就職する。縁あって休日に知人の清掃会社を手伝う。この体験を通じ、清掃業は新しい 産業であると確信、 28歳で一念発起して個人営業を始める。 29歳で株式会社第一ビルメンテナンスを設立。

続きを読む

アーカイブ

  • お問い合わせ 0120-889394(ハヤクミガクヨ)無料でご提案・お見積いたします。
  • 建物管理のお困りごとQ&A
  • ヒートプレッシャー
  • 洗剤レス清掃サービス
  • ハウスクリーニング
  • 大理石研磨再生艶出し
  • かけつけ24
  • 安心フルサポートパック
  • 社員ブログ
  • 社長ブログ
  • ひとえいち
  • アーステクノサービス株式会社
HOME >社長ブログ > 失敗を成功に変えるには

社長ブログ

伝説の領域に向かって

2014.11.15
失敗を成功に変えるには

第一ビルメンテナンス

易経の中に「吉凶悔吝(きっきょうかいりん)」と言う教えがある。

意味するところは、「吉」になる=成功するところと、「凶」になる=失敗するところには、

境目があることを教えている。その境目の時に対処を間違わなければ、失敗を成功に変え

られると言う教えである。

 

易経では、「吉」とは物事が上手くいくこと、物事で成功するという意味となり、「凶」と

は物事が上手くいかない、物事で失敗すると言う意味となる。

 

神社仏閣に行くと、おみくじを引いて「大吉・小吉」、あるいは「大凶・小凶」と一喜一憂

をしている。

 

この「吉・凶・悔・吝」を知ることにより、全ての失敗を「大吉」=大成功に変えること

が出来ることを教えている。

 

物事が上手くいくかいかないかは、私たちの正しい考え方と正しい行動の中にある。

 

正しい考え方と正しい行動をすることで、全ての「凶」=失敗を、「吉」=成功に変えられ

る。しかし、この大事な境目の時に対処と考え方を間違えると「凶」となり、さらに大失

をすることになる。

 

悪い事が起きた時、上手くいかなかった時、不都合なことが起きた時にこのことをよく知

っておくことで、全ての失敗を成功に変えることが出来る。

 

「吉・凶・悔・吝」の「吉」は得る、「凶」は失う、「悔」は後悔する、「吝」は、吝嗇

(りんしょく)・おしむ・けちる・いやがる。「吉凶悔吝」とは人の心や考え方、行動の

巡りあわせを表している。

 

つまり、人は過ちを後悔することで「吉」となる。しかし「吉」になると油断して驕りや

慢心を起こし、吝嗇になってしまう。そして、ちを改めることをぐずぐずと嫌がり「凶」

となってしまう。「吉」と「凶」の境目、「」と「」にあると教えている。

 

「吉」となる時の考え方は、「凶」=失敗した時に、恐れ震え、ブルブル震えるほどの後悔

をすることにある・・・後悔したその先に待っているものが「吉」である。ブルブル震え

るほどの後悔をすることで、その先には成功が生まれると教えている。

 

「凶」になる時の考え方は、「凶」=失敗したことを、自分の責任と捉えずに他の人の責任

にしてしまう、もしくは、原因は他にあると考える。つまり、自分のせいにすることをお

しみ、けちり、いやがることで、その先には「凶」が待っていると教えている。そのため

に大失敗することになる。

 

 

何と深い教えであろうかと考える・・・私は、事故・クレーム等々、我が社で起きている

ことの全ての原因は私にあり、私の責任と考える。

 

そしてその責任の重さにブルブル震えるほどの深い反省をする。私は決して反省をおしん

だり、けちったり、いやがるようなことはしまいと考える。

 

我が社で起きた失敗を成功に変えるために「吝嗇」(おしみ、けちり、いやがる)には決し

てなるまい、そして全ての失敗を成功に変えていくことを心に誓う。

 

 

感謝、有り難うございます。