プロフィール

代表取締役 三浦 光一

1955年岩手県生まれ
子供の頃より社長になる夢を抱き、高校卒業後上京する。大学卒業時に5年後の会社経営を目指し、商社に就職する。縁あって休日に知人の清掃会社を手伝う。この体験を通じ、清掃業は新しい 産業であると確信、 28歳で一念発起して個人営業を始める。 29歳で株式会社第一ビルメンテナンスを設立。

続きを読む

アーカイブ

  • お問い合わせ 0120-889394(ハヤクミガクヨ)無料でご提案・お見積いたします。
  • 建物管理のお困りごとQ&A
  • ヒートプレッシャー
  • 洗剤レス清掃サービス
  • ハウスクリーニング
  • 大理石研磨再生艶出し
  • かけつけ24
  • 安心フルサポートパック
  • 社員ブログ
  • 社長ブログ
  • ひとえいち
  • アーステクノサービス株式会社
HOME >社長ブログ > 一流の人物になるために

社長ブログ

伝説の領域に向かって

2016.11.08
一流の人物になるために

第一ビルメンテナンス

近い将来必ず一流の人物に成りたいと私は考えている。その為に「三流の人、二流の人、
一流の人」と言われる人物の具体的行動を考えてみた。

 
 

三流の人、二流の人、一流の人の具体的な行動を知ることで、私の行動を一流の立ち居
振る舞いに変えたいと考えている・・・人のふり見てわがふり直せという諺がある。

 
 

私の考える三流の人の行動とは、人の見ている所でも見ていないところでも努力しよう
としない人、努力を惜しみケチる人ではないだろうか。

 
 

自分の都合を最優先とし、周りの都合は無視をし、本能のまま、おもむくままに行動す
る人ではないだろうか。

 
 

また、主体性がなく指示命令待ちで仕事を行い、目的や目標を持てずに成り行き任せで
行動している人ではないだろうか。

 
 

二流と言われる人は、人が見ているところでは努力をするが、人の見ていないところで
は努力を惜しみケチる人ではないだろうか。

 
 

人生や仕事に対して成長し発展したいとは考えているが、そのために自ら努力はせずに、
他力に依存している人ではないだろうか。

 
 

一流の人物と言われる人は、人が見ているところでも見ていないところでも全力で物事
に臨み、努力を惜しまないケチらない人ではないだろうか。

 
 

物事の本質をとらえ、当たり前のことを当たり前として、正しいことを正しく行う。
常に最高の結果を出そうと努めている人ではないだろうか。

 
 

一流と言われる人は、周りの人々の幸せを願い、その為に自分を磨き、自分を鍛え自己
修養に努めている人ではないだろうかと私は考える。

 
 

一流の人物と言われるまでには、まだ、まだ、遠く険しい道である。しかし必ず近い将来、
一流の人物と言われる人になろうと強く思う。

 
 

一流の人物でなければ一流のリーダーを育てることが出来ない。一流のリーダーでなければ
一流の部下を育てることが出来ない。一流の集団にならなければ一流の会社になることは出
来ない。

 
 

感謝、有難うございます。