プロフィール

代表取締役 三浦 光一

1955年岩手県生まれ
子供の頃より社長になる夢を抱き、高校卒業後上京する。大学卒業時に5年後の会社経営を目指し、商社に就職する。縁あって休日に知人の清掃会社を手伝う。この体験を通じ、清掃業は新しい 産業であると確信、 28歳で一念発起して個人営業を始める。 29歳で株式会社第一ビルメンテナンスを設立。

続きを読む

アーカイブ

  • お問い合わせ 0120-889394(ハヤクミガクヨ)無料でご提案・お見積いたします。
  • 建物管理のお困りごとQ&A
  • ヒートプレッシャー
  • 洗剤レス清掃サービス
  • ハウスクリーニング
  • 大理石研磨再生艶出し
  • かけつけ24
  • 安心フルサポートパック
  • 社員ブログ
  • 社長ブログ
  • ひとえいち
  • アーステクノサービス株式会社
HOME >社長ブログ > 「巧言令色鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん)に思う」

社長ブログ

伝説の領域に向かって

2017.10.10
「巧言令色鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん)に思う」

第一ビルメンテナンス

論語の一説にある「巧言令色鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん)」
巧言(こうげん)とはお世辞のこと令色(れいしょく)とは相手に気に入られよう
として作り笑顔すること。
そういう人に限って誠実さがないと孔子先生が教えている。


私はこの章句を読んだ時に思わず我が意を得たと納得していた。
まさしくこの章句は誰と誰によく当てはまっていると妙に納得したのである。


しかし繰り返し深く読み込んでいくうちに、私自身が
「巧言令色鮮(すくな)し仁」を行っているのではと考えさせられるようになった。


周りに迷惑をかけている人を見ても、注意や指摘もせずにその人に調子
を合わせている私がいる。


事を荒立てたくない、或いはその人に嫌われたくないという思いが先に
立ち、慮(おもんばか)った態度で相手に調子を合わせている私がいる。


私はよく「是々非々(ぜぜひひ)」で判断をすると話している・・・
良いことは良い、悪い事は悪いと素直に物事を捉えて判断しなければ
ならないと日々皆に話している。


しかし我が身を振り返ると「是々非々(ぜぜひひ)」の判断ではなく
「巧言令色鮮(すくな)し仁」の判断に私が陥っていることを教えられる章句である。


単に相手に嫌われたくない一心で調子を合わせている私の姿はまさしく
「巧言令色」であり「仁」という思いやりの心がないことに気付かされる。


駄目なことを駄目と相手に伝えることをしない為に、なお罪が深い。
何故なら駄目な行為を私が肯定しているかのようにその人に勘違いをさせてしまうからである。


私が繰り返し唱和することで本当の「仁」とは何か
本当の「思いやり」とは何かを深く教えていただいた章句
「巧言令色鮮(すくな)し仁」に感謝する。


感謝、有難うございます。