サービス紹介

HOME > サービス紹介 > 機械設備保守点検

機械設備保守点検

卓越した技術と経験で、設備機器の資産価値を高め、
建物施設利用者の安全と快適環境をお届けします。

ビルや施設の快適な環境を維持し、安全を確保するために設置されている様々な設備機器類の、運転、監視、点検、整備を行います。さまざまな設備機器類に精通した第一ビルメンテナンスの設備環境エンジニアが、ビル利用者の安全と快適空間を守ります。

メーカーに束縛されないので、
より充実したサービスを提供できます。

私たち第一ビルメンテナンスは、どこの系列にも属しません。独立系の強みは、メーカーサイドの事情に振り回されることがない点にあります。例えば機器の交換が必要な際も、あらゆるメーカーからお客様にとってより良い機器を選択し、お勧めできます。

不透明なコストは不要です。
驚くほどのコストダウンと建物資産価値の向上をお届けします。

一括してお任せ頂ければ、設備機器の導入、保守点検、修理まで対応可能です。設備機器ごとに分離発注する必要はありません。不透明なコストをかけることなく設備保守管理業務を適正価格でお届けいたします。

機械設備保守点検

建築設備調査・診断

空気調和設備保守点検

あらゆる施設の空調機器に対応し、省エネを考慮した快適空間を提供します。

大規模オフィスビルから病院、マンション、一戸建住宅まで、あらゆる空調機器を点検整備致します。単一ダクト方式から各階ユニット方式、パッケージユニット方式、二重ダクト方式、可変風量方式など、あらゆる空調方式に精通した第一ビルメンテナンスの環境エンジニアがお伺いし点検整備を行います。

第一ビルメンテナンスの空気調和設備保守点検はここが違う。

冷温熱源、空気調和機、熱搬送装置、自動制御装置などの空調システムを構成する機器、装置の機能を維持し、室内空気条件を目的に沿って調整し、快適空気環境を実現します。「単なるエアコンの洗浄」で終わらせるのではなく、省エネルギー、低コスト、長寿命化などライフサイクルコストの低減に貢献します。
空調設備の点検整備は中央管理方式の大型空気調和機器の点検整備に数多くの実績と豊富な経験を持つ第一ビルメンテナンスにお任せ下さい。

空調機保守点検は第一ビルメンテナンスへ 空調機保守点検は第一ビルメンテナンスへ

消防用設備保守点検

消防用設備機器は日常直接的に使用する機器ではありません。
だからこそ定期的に点検・整備し、普段の維持管理を確実に行ってこそ、
万一の時にその機能を十分に発揮することができるのです。

消防用設備等の点検と消防庁への報告は、防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)の法的義務です。消防用設備等は、万一火災が発生しても確実に機能を発揮することが必要であり、そのためには日頃の維持管理が適正に行われていることが重要です。
消防用設備の種類ごとに点検資格者と点検期間が細かく定められています。

第一ビルメンテナンスの消防用設備保守点検は、ここが違う。

第一ビルメンテナンスは、東京消防庁に消防設備業の届出を行い、多数の消防設備点検資格者を擁しています。
皆様の大切な財産を守る為、法令に基づいた誠実かつ確実な消防用設備保守点検作業を行います。
年間保守点検契約を結んで頂きますと、消防用設備機器の誤発報時や異常発生時に、迅速に対応致します。

  • 消防用設備保守点検は第一ビルメンテナンスへ
  • 消防用設備保守点検は第一ビルメンテナンスへ
  • 消防用設備保守点検は第一ビルメンテナンスへ
  • 消防用設備保守点検は第一ビルメンテナンスへ

給湯設備管理保守点検

レジオネラ属菌などが繁殖しやすいため、
温度や水質の管理が特に重要です。

給湯設備管理は第一ビルメンテナンスへ

給湯設備は主に中央式と局所式の2つに分類されます。中央式は局所式に比べ配管が長く、貯湯槽(ストレージタンク)にお湯が滞留する時間も長いため、レジオネラ属菌などが繁殖しやすい構造となっています。

  • 中央式…貯湯槽や加熱装置が機械室などにある。大型
  • 局所式…湯を必要とする場所ごとに加熱装置がある。小型

給湯設備の管理項目としては

  1. 給湯温度の管理(55℃以上が望ましい)
  2. 貯湯槽の清掃
    必要な帳簿書類
    1. 貯湯槽の温度管理記録
    2. 貯湯槽の清掃実施報告書

1 給湯温度の管理

給湯温度が低いとレジオネラ属菌の増殖の原因となりますので、中央式給湯設備では、貯湯槽での設定温度をおおむね60℃以上に維持し、常に蛇口での給湯温度が55℃以下にならないようにします。一方、利用者がやけどをしないような対策も必要です。

2 貯湯槽の清掃

1年に1回、貯湯槽の清掃を専門業者に依頼し、清掃実施記録を残します。なお、給湯水についても、レジオネラ属菌や飲料水と同等の水質検査をあわせて実施することをお勧めします。

貯湯槽清掃は第一ビルメンテナンスへ 貯湯槽清掃は第一ビルメンテナンスへ

自動制御機器保守点検

計画的保守点検の実施により、機器の機能を維持し、施設や室内環境の変化に対応した制御システムを。

自動制御機器は数多くの機械部品と電子部品から構成され、ビル環境を快適に保つとともに省エネルギーを実現するために大事な役目を果たしています。使用部品や機器の信頼性が自動制御の根本にあり、機能を維持するためには計画的な保守管理が欠かせません。保守管理には豊富な経験と知識を伴ない機器装置上のみならず計装上の入念な機能点検を必要とします。

周囲温度、湿度、塵埃、化学的雰囲気などの設置諸条件を考慮に入れ、保守周期を決める必要がありますが、一般的ビル環境に於いては以下の目安で点検作業を実施します。

定期総合保守 年間1回機器とシステムの機能点検・修理・較正などを行います。
季節切換保守 冷暖房開始時期前の動作切換えと設定値の変更を行うとともに、
機器とシステムの機能点検を行います。
非常時対応 故障などの緊急に対応した暫定修理などを行います。

自動制御機器保守点検は第一ビルメンテナンスへ 自動制御機器保守点検は第一ビルメンテナンスへ

対象機器

  • 温度調節器
  • センサ
  • パイロット式電磁弁
  • 湿度調節器
  • コントローラ
  • バタフライ調節弁
  • 圧力調節器
  • 指示調節計
  • 三方調節弁
  • 炭酸ガス濃度調節器
  • 差圧発信器
  • 差圧調整弁
  • フロースイッチ
  • 圧力発信器
  • 減圧弁
  • フロートスイッチ
  • 温度発信器
  • バルブポジショナ
  • 感震スイッチ
  • 液面発信器
  • ダイヤフラムモータ
  • 記録計
  • 電磁流量計
  • ピストンモータ
  • ラジエータバルブ
  • モジュトロールモータ
  • 加湿器
  • 検出器
  • 複座二方弁
  • ダンパ操作器
  • 変換器
  • 混合三方弁
  • チラー用電源コントローラ
  • ヒーター電力調整器
  • バランシングリレー
  • 可変風量調節器

保守作業手順

保守作業手順

各機器の標準点検仕様に基づき、機能・校正などを行います。

各ループごとの手順に従い自動制御システムの
相互間動作確認・調整などを行います。

設定表に従い設定します。

試運転工程に基づき空調設備を運転し、
システム全体の状態確認を行います。

こんなトラブルの経験ありませんか?

テナント様から冷えない、暖まらないという苦情があり原因がつかめないで困った。
施工当初は室内を間仕切りのない部屋として計算し、調節器を部屋の中央部分に設置するのが普通です。後日テナント様の都合で間仕切りされたり、家具什器の裏に隠されたりして、調節器の位置そのものが不適切な状態となってしまった場合は、機器の機能が有効に生かされず室温や室内温度の自動制御を巡るトラブルに発展してしまいます。 
計画的保守点検の実施により、機器の機能を維持し有効寿命をまっとうさせるとともに、施設や室内環境の変化に対応した制御システムをご提案致します。

清掃サービス

特別清掃

機械設備保守点検

建築設備調査診断

空調衛生管理

給排水衛生管理

常駐警備 受付・案内

アパート管理

サービス価格 ページTOPへ