HOME > サービス紹介 > 給排水衛生管理

給排水衛生管理

専門性の高い技術力と豊富な経験で、清潔で衛生的な快適環境を維持します。

毎日多くの人々が活動を営み、長時間建物内に滞在する人も数多く見受けられる建物施設。
現代の建物施設は、機能や構造も複雑になり、そこに出入りする利用者も含めて、単なる建物というよりも一つの有機体を形成していると言えます。

環境衛生管理サービスは、建物の環境を衛生的に維持管理する業務です。「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(ビル管理法)に維持すべき基準が定められており、これらの基準に基づいて測定・点検し、建物の環境を守ります。

第一ビルメンテナンスは、このような建物施設を一つの地球環境ととらえ、空調、給水、排水、害虫駆除等、環境衛生面でのトータル管理をご提供します。

貯水槽清掃・消毒 飲料水水質検査 

ひとつ間違えば、重大事故を引き起こす危険も。
定期的な清掃と消毒が、大事な命を守ります。

受水槽有効容量 10㎥未満

東京都では「小規模給水施設の衛生管理指導要綱」を定めており、所有者又は管理者が日常行う衛生管理や汚染事故発生時の措置のほか、保健所長への小規模給水施設の設置の届出を規定しています。

受水槽有効容量 10㎥超

水道法により「簡易専用水道」として設置者に様々な規定を課しています。
衛生的な管理を怠ると、改善命令や給水停止命令を受けることがあります。

  • 貯水槽の清掃・消毒   年1回
  • 施設の点検・整備    月1回
  • 理化学、細菌の水質検査 年1回
  • 簡易専用水道検査    年1回

受水槽をもつ水道の中には、衛生管理を十分行っていない施設が見られます。衛生管理を怠ると罰金規定に抵触するだけでなく、レジオネラ属菌や大腸菌などの水質汚染による重大事故を透発する危険性を否定できません。設置者及び管理者の皆様が、保健所の指導を待つだけではなく、飲み水の安全の重要性を認識して積極的に衛生的管理を徹底して頂くことが大切です。

第一ビルメンテナンスの貯水槽清掃・消毒 飲料水水質検査は、ここが違う。

第一ビルメンテナンスの貯水槽清掃・消毒はビル管理法に基づき正規の登録業者として、永年の豊富な経験により誠実に作業を行います。作業はすべて第一ビルメンテナンスの環境エンジニアが実施致します。
毎月1回の給水設備点検との組み合わせをお勧め致します。

雑排水管清掃

排水配管系統を確認し、
最適な方法で雑排水管を清掃します。

排水竪管は上下階共用で使用している為、排水管のどこかで詰まるとその影響は共用使用している全世帯に及んでしまいます。特に台所排水管は油脂分や有機物などが詰まりの原因となり、排水管内のスケールに付着していき、放っておくと管内閉塞の進行を早めてしまいます。
1年に1回の定期的清掃をお勧めします。

第一ビルメンテナンスの雑排水管清掃は、ここが違う。

雑排水管清掃にあたっては、まず、排水配管系統や、排水システムを確認し、配管材料やパイプシャフト・掃除口の位置、地下排水ポンプの状況、屋上ドレンの状態確認などを入念に行います。 必要に応じ掃除口や排水口から内視鏡を挿入し、管内の閉塞状況を調査します。その結果を踏まえて、薬品洗浄、フレキシブルワイヤー、高圧水洗浄法などから最適な方法で清掃を実施します。

■作業風景

グリストラップ清掃

つまりの原因である油脂分を除去し、必要に応じ薬品洗浄を

グリストラップの清掃を怠ると油脂類が洗剤と給湯排水により溶解し、排水管内を流下しながら冷却されて、スライムとして固着してしまいます。さらに排水中に含まれる夾雑物とともに蓄積されて管経が狭められてしまい、ついには閉塞してしまいます。

第一ビルメンテナンスのグリストラップ清掃は、ここが違う。

野菜くずや魚片、壁面やスクリーンに付着した油脂分をケレン、タワシなどで取り除きます。必要に応じ薬品洗浄を行い、内部や配水管入口周辺を清掃します。
第一ビルメンテナンスではグリストラップ清掃時に、トラップ内部に腐食がないかなど、損傷個所の点検も行います。

汚水槽、雑排水槽、湧水槽清掃

日頃目に触れない設備の点検整備こそ重要です。設備機器の点検と徹底した清掃を実施します。

汚水槽などの排水槽は、貯留する水の特性上、関係設備の点検・整備を怠ると、排水汚泥が槽から溢れるなど、環境衛生上重大な事故を引き起こしかねません。 東京都の指導要綱では汚水槽、雑排水槽、湧水槽などの排水槽は、月1回の定期点検と年間3回以上の清掃、5年間の作業報告書の保存が求められています。

作業内容

排水槽の清掃作業は、槽内の汚泥やスカムを破砕し、高圧水洗浄を行います。同時に排水ポンプや電極棒の整備を実施します。汚水槽清掃、雑排水槽清掃の際、発生するビルピット汚泥は廃棄物処理法に基づき適正な処理を行います。

給湯設備管理

レジオネラ属菌などが繁殖しやすいため、温度や水質の管理が特に重要です。

給湯設備は主に中央式と局所式の2つに分類されます。中央式は局所式に比べ配管が長く、貯湯槽(ストレージタンク)にお湯が滞留する時間も長いため、レジオネラ属菌などが繁殖しやすい構造となっています。

  • 中央式…貯湯槽や加熱装置が機械室などにある。大型
  • 局所式…湯を必要とする場所ごとに加熱装置がある。小型

給湯設備の管理項目としては

  1. 給湯温度の管理(55℃以上が望ましい)
  2. 貯湯槽の清掃
    必要な帳簿書類
    1. 貯湯槽の温度管理記録
    2. 貯湯槽の清掃実施報告書

1 給湯温度の管理
給湯温度が低いとレジオネラ属菌の増殖の原因となりますので、中央式給湯設備では、貯湯槽での設定温度をおおむね60℃以上に維持し、常に蛇口での給湯温度が55℃以下にならないようにします。一方、利用者がやけどをしないような対策も必要です。
2 貯湯槽の清掃
1年に1回、貯湯槽の清掃を専門業者に依頼し、清掃実施記録を残します。なお、給湯水についても、レジオネラ属菌や飲料水と同等の水質検査をあわせて実施することをお勧めします。

清掃サービス

特別清掃

機械設備保守点検

建築設備調査診断

空調衛生管理

給排水衛生管理

常駐警備 受付・案内

アパート管理

サービス価格 ページTOPへ