HOME > サービス紹介 > 増圧給水ポンプ法定点検

増圧給水ポンプ点検整備

増圧給水ポンプの法定点検は、各自治体の条例によって義務付けられています。

増圧給水ポンプは、受水槽を必要としないため、建築費並びにメンテナンス費が大幅に削減されると共に、常に新鮮で安全な水が各住戸に供給されます。
また、増圧給水ポンプユニットが非常にコンパクトなため、設置スペースが大幅に縮減されます。不要になった水槽スペースを駐車場や駐輪場などに有効利用できます。
また、インバータ制御により、騒音が軽減され、電気代も貯水槽方式に比べて約60%と削減されるなど、多くのメリットがあります。

飲料水の安全性がより強く求められる中、衛生的で省スペース、省エネルギー、省コストと多くのメリットをもつ増圧給水ポンプが普及していますが、東京都は増圧給水ポンプについて、給水条例施行規程第8条の2で1年以内ごとに1回の法定点検を義務付けています。

加圧給水方式

加圧給水方式

直結増圧方式

直結増圧方式

受水槽・高置水槽方式

受水槽・高置水槽方式

直結直圧方式

直結直圧方式

第一ビルメンテナンスの増圧給水ポンプ法定点検整備は、ここが違う。

逆流防止機能、運転制御機能、その他、正常な運転に必要な機能について、第一ビルメンテナンスの設備環境エンジニアが、定期に点検を実施します。年間400台以上の増圧給水ポンプの法定点検整備を作業しているため、経験に裏打ちされた確かな技術でお客様の大切な資産を維持します。

  • 増圧給水ポンプ法定点検整備は第一ビルメンテナンスへ
  • 増圧給水ポンプ法定点検整備は第一ビルメンテナンスへ
  • 増圧給水ポンプ法定点検整備は第一ビルメンテナンスへ
  • 増圧給水ポンプ法定点検整備は第一ビルメンテナンスへ

貯水槽・高置水槽給水方式から直結増圧給水方式への切替えをお考えのお客様へ
直結増圧給水方式に切替えるメリット

1.設置面積の有効利用
受水槽があるため無駄にになっていたデッドスペースを、駐車場・増築や物置などに改造改修し有効利用できます。賃貸スペースとしてなら増収も期待できます。
2.静かで省エネ
使う水量の多少にかかわらず毎分3000回転してしまう受水槽のモーター騒音は近所迷惑なもの。増圧用のブースターポンプは、使う水量の多少に応じて回転を制御するインバーター方式なので、とても静かです。
3.ランニングコストの削減になる
受水槽や加圧ポンプがなくなるので、清掃点検やメンテナンスにかかる経費がなくなるため、ランニングコストが削減できます。
4.清潔で冷たく、おいしい水
不潔になりやすく、夏場は生暖かく、臭いまでついてしまう受水槽方式の水。直結増圧給水ポンプ工事で、蛇口と水道管が直結されるので、いつでも清潔で冷たく、おいしい水をお飲みいただけます。

清掃サービス

特別清掃

機械設備保守点検

建築設備調査診断

空調衛生管理

給排水衛生管理

常駐警備 受付・案内

アパート管理

サービス価格 ページTOPへ