社員ブログ

アーカイブ

  • お問い合わせ 0120-889394(ハヤクミガクヨ)無料でご提案・お見積いたします。
  • 建物管理のお困りごとQ&A
  • ヒートプレッシャー
  • 洗剤レス清掃サービス
  • ハウスクリーニング
  • 大理石研磨再生艶出し
  • かけつけ24
  • 安心フルサポートパック
  • 社員ブログ
  • 社長ブログ
  • ひとえいち
  • アーステクノサービス株式会社

社員ブログ

2020.01.30
環境整備優秀社員インタビュー

第一ビルメンテナンス

皆様、日々の業務お疲れ様です!


年末の第36期環境整備委員にて2019年で
最も環境整備に力を入れてくれた社員を表彰したいと強く要望がありました。

しかし今期は忘年会での環境整備表彰がなく、
素晴らしい活動を皆さんに共有したい…そんな思いからこの度、
環境整備委員が選出した男女1名ずつにインタビューさせて頂きました。



☆川崎営業所 山田社員
☆ひとえいち 志田社員


選ばれたのはこの2名!!!

【1年を振り返ってみてどのような気持ちで取り組みましたか?】
山田
「日頃の現場作業で細かい汚れに気づく心を養う為に、
 そこを意識して環境整備に取り組んでいます。」


志田
「入社したばかりなので知らない事が多かったです。
 しかし発見も多くて、気づいた疑問などから他の人に
 相談・実行に移すことができるようになり成長を感じました。」


【自分の中での1番の活動シートを教えて下さい】
山田
『ベランダの避難用梯子の蓋です』
「サビ汚れの除去だけではなく、コーティングをすることにより、
 酸化しにくくなり、長く品質が維持できます。
 こういった環境整備で現場にも生かして、
 自分自身の知識やスキルアップにもつながると思っています。」


【作業前】
①


【作業後】
②


【自分の中での1番の活動シートを教えて下さい】
志田
『倉庫レイアウト変更です』
「今までは置き場所が決まっていて皆その場所に置いていました。
 しかし青い型をやめたことで無駄な空間がなくなり
 限られたスペースを有効活用できるようになりました。」


【作業前】
③

【作業後】

④


【最後に一言(アドバイスや頑張ってみてどうだったか等)】

山田
「環境整備で只磨くだけではなく維持をする方法など、多々模索してきた結果、
現場での細かい汚れ・お客様からの要望・スポットの提案など様々な箇所で
日頃の環境整備が生かせていると思います。」


志田
「まずは目の前にゴミを拾ったり等小さなことから始めた結果気付きが生まれました。
何をすれば良いかわからないという方は些細なことで構わないので実際に実行することが大切だと思います。」


お二人とも素晴らしい心意気、アイデアありがとうございました。
2020年も去年以上に環境整備を盛り上げて行きましょう!






本社環境整備委員 石川・高林

2019.07.04
集中環境整備 多摩営業所

第一ビルメンテナンス

先日、集中環境整備を行いました。
集中環境整備は年2回あり、我が社の中でも、とても伝統がある大事な日です。
多磨営業所では「磨く」をテーマに
1日かけてA4用紙くらいの耐水ペーパーで磨き続け、
最後には自分の顔が写るくらいにしていきます。

メンバーは多摩営業所の染谷社員、谷口社員、渡邉に加えて
本社第2グループより、伊藤社員が参加してくれました。

私は営業所にあるシンク、他3名はポリッシャーの蓋の部分を磨きました。
谷口社員と伊藤社員は今回が初めての集中環境整備で少し緊張しており、
磨くことで本当に鏡のようになるのか半信半疑の様子でした。

作業を始めると皆とても集中して一工程一工程念入りに磨き、
段々と光を取り戻していくのを見て喜びと達成感を感じていました。

f1l f1r

BeforeAfter写真がこちらです!!

f2l f2r

f3l f3r

f4l f4r

この様に輝きを取り戻すことが出来ました!!

最後に軽食を食べつつ懇親会を行いました。
皆、感想の中で、

「まだまだ磨きが足りなかった。」
「最初の磨く工程をもっとやっておけばよかった。」
「営業所で今までは気がつかなかった、汚れている部分に気がつけた。」
「日々の環境整備が出来ていないと反省です。」
「心を磨くという事を意識した」等、

様々な部分で意見や反省がでて、お互い勉強になる
良い集中環境整備の時間となりました。

色々なことを継続して、毎日やり続けることがとても大事だなと改めて感じる事が出来ました。
今回の集中環境整備で学んだ事を日々の業務に繋げていきたいと思います。

この様な時間を頂ける事に感謝です。
ありがとうございました。

多摩営業所 渡邉智宏

2018.12.28
年末の大・環境整備!!

第一ビルメンテナンス

寒い日が続き、いよいよ2018年も残すところあと僅かとなりました。
2018年は12月28日(金)が当社の仕事納めです。


一年間、綺麗な良い環境で働くことができる感謝の意を表し、
また、来年の更なる飛躍を願い、新宿本社では年末大掃除を実施しました。


112
ブラインドをコツコツ清掃中!!(左:顧客営業 小松崎・砂川/右:顧客営業 石川・宮内)


3

資材運搬中にパチリ(左:営業事務 酒井/右:顧客営業 大久保)


日本企業には、掃除を大切にする会社が少なくありません。


また世界的に強い競争力を維持している会社や、
基礎の強固な経営を続ける会社には
整理・整頓・清掃・清潔・躾の「5S」を徹底しているところが多くあります。


45
みんなで商談スペースチェアのクリーニング!! 
左写真:品質管理部 熊倉・阿部/右写真:開発営業 西田・品質管理部 米田   

  
67

プロならではの仕事です。ミストと泡で汚れを浮かしバキュームで仕上げ中!!
(左写真:技術部 阿部/右写真:開発営業 本田)


日本は、欧米とは違う「精神」を支えとして、資本主義を発達させてきた歴史があります。
グローバル化の加速する現在こそ、その経営観や人間観を自覚し、後世につないでいく。
私たちは「凡事徹底」を習慣とする心を育てる環境を大切にします。


昨今、変化の著しい入管法改正を背景に、
ビルクリーニング業界は、これから沢山の外国人労働者を迎えます。


そんな様々な国の方々や、もちろん、これからご入社頂く日本の新しい仲間にも
日本企業を支えてきた『習慣の環境整備』のチカラを伝え
共に発展できるよう引き続き精進してまいります。


89

年末大・環境整備終了の記念にパチリ!!(熊倉・西田・米田・阿部・本田)


来年もどうぞ宜しくお願い致します。




2018年12月28日記
HR事業部 大越真理

2015.06.29
第31期 二回目の集中環境整備

第一ビルメンテナンス

5月30日は、第31期2回目の集中環境整備の日でした。
 
 

毎年、年2回資機材を1日かけて集中的に磨きあげます。集中環境整備は我社の年間行事
の中でも、とても重要な日になっています。特に今年は、会社の経営方針でも、原点に立
ち返り磨くがテーマとなっており、環境整備員の私としても、いつになく気を入れて臨み
ました。

 
 

今回、埼玉支店ではポリッシャー(床を磨く為の機材)を対象として磨きました。ポリッ
シャーは全て一つ一つの部品に解体し磨く為、当日の分解作業に時間を取られないよう、
前日に全員で遅くまで時間をかけ解体したほどの気合のいれようでした。

 
 

ポリッシャー磨きで最も光り、達成感がでる部分は、ポリッシャーの丸いヘッドや、平滑
な支柱部分です。逆に磨いてもなかなか光らない部分は車輪、車軸部分のように凹凸が多
くあり、磨きにくい部品です。今回私はあえてそれを選び、ピカピカに仕上げるという意
気込みで臨みました。

 
 

朝礼後支店内外を清掃した後、社員一斉にポリッシャー磨きを開始しました。
皆が無心に磨いている中、私もあえて挑戦した磨きにくい部品を熱心に磨いていました。
しかし気合とは裏腹に、車軸部分は予想以上に、細かい凹凸が多く、細い溝に指を入れ何
度も何度も耐水ペーパーで擦るのですが、狭い空間を磨く事は非常に困難で四苦八苦しま
した。

 
 

007

 
 

2時間ほど悪戦苦闘していると、近くで磨いていた新入社員の部品をみて、周りの先輩社
員から、ものすごくピカピカなったじゃないか、との声があがりました。顔を上げ新入社
員の方を見ると、私の磨いている車軸などに比べ物にならないぐらい、ポリシャーのスタ
ンドがまぶしいばかりの輝きをしていました。

 
 

017020
 
 

平滑な物は、磨きやすいから光るのは当たりまえじゃないか。私のは凹凸があるから磨
きづらくてなかなか光らないんだよ。」と思わず、そのピカピカなポリッシャーヘッドを見
て嫉妬しました。
そして同時に、咄嗟に思った自分の本音がとても情けなく、恥ずかしい気持ちになりまし
た。日頃から不平、不満、愚痴、やっかみは良くない事と社長から教えられ、頭では分か
っていても、心の中まで浸透していなかった。わかった振りをしていたのだという事に気
が付かされました。

 
 

それでも、皆の活き活きした雰囲気に後押しされ、午後からは気を取り直して、とにかく
何も考えず無心に磨く事に専念しました。すると車輪の中心にある直径1センチくらいの
ボルトの表面が徐々に光沢を帯びてきました。
さらに磨いていくと、今度はその小さいボルト表面がピカピカに光出し、私の顔がとても
小さく写ってきたので。その顔はとても晴々した表情に見えました。顔上げてみると私だ
けではなく、皆も同じく晴々した表情をしていました。

 
 

今回の集中環境整備を実施し、社長の話を思い出しました。
環境整備は修行、座禅と同じ、無心になり、自我を取り除き、素直な心になって強くなる。

 
 

私は、環境整備を通じて、人間的に成長できる支店をめざし、これからも支店の皆でこの
環境整備という修行を続けていき、幸せになりたいと思いました。

 
 

皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

 
 

埼玉支店 加藤耕一

 
 

026