社員ブログ

アーカイブ

  • お問い合わせ 0120-889394(ハヤクミガクヨ)無料でご提案・お見積いたします。
  • 建物管理のお困りごとQ&A
  • ヒートプレッシャー
  • 洗剤レス清掃サービス
  • ハウスクリーニング
  • 大理石研磨再生艶出し
  • かけつけ24
  • 安心フルサポートパック
  • 社員ブログ
  • 社長ブログ
  • ひとえいち
  • アーステクノサービス株式会社

社員ブログ

2013.09.17
感謝心こそ最強の武器である

第一ビルメンテナンス

社長が第23期経営計画発表会で話された内容を原文のまま掲載します。

 

 

感謝の心の大切さを表した記事が有ります。 

私はこの記事に大変、感銘を受けました。

平成16年か平成17年の日経新聞のコラムの中の一説です。

 

私の闘病中に見た記事です。

 

最年長者のプロゴルファーが誕生、という見出しがありました。 

確か50歳代半ばの年齢と記憶していますが、その記事の内容は次のようなことでした。

 

私は若い頃は自分のことしか考えていなかった。

しかしこの年齢になると人の有り難さがわかるようになってきた。

私は、私にかかわる人々に素直に、有り難う、と言える年代になりました。

 

なぜ私が最年長でプロテストに合格できたかというと、

私の感謝の心が私を合格させたのではないだろうか、と思っています。

 

今の若い人たちは、体力もあり、パワーもあり、とても強いゴルフをする。

しかし、ただ一つ足りないのは、周りの人への感謝の心である。

 

プロテストを運営するスタッフ、あるいは自分のために一所懸命働いてくれる、

キャディさんに対しての、感謝の心が少しばかり足りないのであろう。

 

ショットをしては、他の人への気ずかいが全く無く、自分のスイングのこと

ばかり考えている。

 

また、パットを外すと、首をうなだれてボールを取り、他の人にはかまわず、さっさと

ホールアウトする姿。

 

それに対して私は、スタッフに対して有り難うという気持ちと感謝心のおかげで

沢山の人から無言の応援を頂きました。

 

また、私と一心同体の気持ちで協力して頂いたキャディさんの御蔭で

プレッシャーやストレスを感じることなく楽しいゴルフをする事が出来ました。

その結果が私に良いゴルフをさせてくれたと思っております。

 

つまりこの事を深く考えると、私を助けてプロテストに合格させてくれたのは

私の実力ではなく、感謝の心のたまものであろうと考えました。

 

私はこの体験を通して、人間を強くするには、感謝の心が不可欠であると

つくづく感じました。

 

人生、仕事、すべてにおいて感謝の心をもつことが最強ではないだろうか?

という内容でした。

 

 

 

還暦まであと1週間の59歳でプロテストに合格した古市忠夫プロの話です。

古市プロはラウンド前と後に必ず、ホールに向かって帽子をとり深々とお辞儀をする。

ゴルフできることへの感謝の気持ちからです。

 

 

感謝の気持ちが奇跡を起こす・・・つづく

 

社長室 鶴田

 

2013.09.10
湯ったり温泉紀行 その1

第一ビルメンテナンス

先週、夏季休暇をいただいて福島県の高湯温泉に行ってきました。高湯温泉は山形

の蔵王温泉、白布温泉とともに奥州三高湯のひとつに数えられる昔からの名湯です。

 

JR福島駅からバスで約30分、県道70号沿い、磐梯吾妻スカイライン入口の手前に

共同浴場がひとつと7件の旅館が点在しています。

開湯当時から温泉を大事にし、多くの人に湯を楽しんでもらうという精神のもと、

江戸時代には「一切の鳴り物を禁ず」という地区内取り決めを行い、この努力により

高湯温泉は歓楽的開発がなされませんでした。

 

温泉以外何もありませんので、純粋に温泉を楽しむ方には最高の贅沢を味わえます。

これが現在の高湯の最大の魅力につながっています。

 

宿泊した玉子湯さんは400年ほど前、慶長年間に自然湧出しているのを発見されて

以来、温度、泉質ともに変わることなく現在に至っています。

 

DSCF0438 DSCF0471

玉子湯10番源泉です。                 こちらは高湯26番源泉 です。

 

天然自噴の源泉100%。 完全放流式、加水なし、加温なし 。

泉質は酸性 含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(硫化水素型)

PHは2.7の強酸性。

源泉の湧出温度は50℃から51℃なので、少しあっちっちです。

 

 

 DSCF0433 DSCF0436 DSCF0443 DSCF0461 DSCF0464

 

ほぼ全域が磐梯朝日国立公園に含まれた天蓋で、純粋にお湯と自然の風情を楽しむ

にはお勧めの温泉です。高カロリーのくどい食事や、殊のほか行き届いた接客をお望

みの方には不向きですが、温泉と景色、風情だけで十分に楽しめ、幸せな気持ちを味わ

えます。

 

明治の文人、斎藤茂吉をはじめ、加藤楸邨、埴谷雄高、庄野潤三といった作家たちが

高湯を訪れています。

 

  五日ふりし雨はるるらし山腹の吾妻のさぎり天のぼり見ゆ

 

  山の峡わきいづる湯に人通ふ山とことはにたぎち霊し湯

 

  吾妻山くだりくだりて聞きつるは ふもとの森のひぐらしの声  茂吉の首です。

 

 

風評被害の影響で、桃の売れ行きが良くない、と旅館の方がぽつんと話されたのが

印象に残りました。

 

白布、高湯と入湯できたので次は蔵王温泉です。

 

社長室 鶴田

2013.09.09
これは何でしょう?

第一ビルメンテナンス

夏季休暇をいただいて、福島に行ってきました。

さて、これは何でしょうか?

 

DSCF0484

 

お分かりになった方はご一報ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ分かって答えが殺到したので、種明かしです。

 

DSCF0476

 

やまびこ号が最後尾車両の連結器カバーを開けてつばさ号の到着を待ちます。

 

DSCF0477

DSCF0478

 

つばさ号が到着し、一旦停止して連結位置までの距離をセンサーで測定します。

 

DSCF0480

 

連結位置の手前3メートルで再度停止。

 

DSCF0481

 

しずしずと近づきます。

 

DSCF0482

 

スムースに連結が始まります。

 

DSCF0483

 

連結完了です。

 

DSCF0484

 

 

答えは、E2系やまびこ最後尾車両とE3系つばさ先頭車両の連結でした。

 

ただ車両同士を連結しているだけでなく、電気回線も連結器と一体となって

つながっており、先頭車両の運転台で連結した全車両の編成の制御をして

います。

 

社長室 鶴田

2013.08.30
その一口が笑顔を誘う 

第一ビルメンテナンス

広島市にあるメニューはビールだけというお店が話題になっているそうです。

ほとんどすべてのお客様が、一口飲み終わった後に”笑顔”になるそうです。

 

立ち飲みスタイルの「ビールスタンド重富」、8月16日にNHKで放送されました。

17時から19時の2時間しかお店を開けない、しかも、メニューは

 

生ビールのみ

 一人二杯まで

 つまみ類 なし

 

ビールの注ぎ方に特長があり、メニューは注ぎ方別に4種類

 

壱度注ぎ(昭和10年頃主流の注ぎ方)

弐度注ぎ(昭和=柔らかい泡)

弐度注ぎ(平成=もちっとした泡)

参度注ぎ(マイルドで優しい味わい)

重富注ぎ(そのビール本来の味わいを楽しむ)

 

同じビールなのに、注ぎ方が違うだけで味が違い、しかも旨いと評判だそうです。

 

毎日100個のジョッキグラス洗浄に2時間かけます。

重富社長いわく、

グラスを洗浄する時間は、ビールと向き合う時間。

 

お客様と2時間向き合うために・・・

グラスサーバーの洗浄 サーバーのメンテナンス 生樽とガスの管理

これを徹底的にやっておかなければ、お客様と向き合う最高のパフォーマンスが

できません。 

 

重富社長の想いは、

 

洗浄やメンテナンスの重要性、

注ぎ方のコツなどのテクニック、

そして美味しくする為の管理の集大成

 

が、生ビールのもっている本来の力を引き出してくれる。

そこに ”想い”

を込めて、広島を日本一おいしい生ビールが飲める場所にする、

その理想の実現に向けて今日も重富社長は生ビールの魅力を伝え続けます。

 

 

わが社の理念に通じるものがあります。

重富社長の深いい~話   http://hiroshima-president.net/sake

マスター重富の想い     http://sake.jp/beer_stand/message/

 

 

新幹線で片道3時間15分、19時に閉店だから日帰りも十分可能です。

機会があれば、あくまでも真面目に、サービス業の極意を勉強に行きましょう。

 

  お店情報

  HP      http://sake.jp

  住所     広島市中区銀山町10-12

  電話     082-244-4147

  営業時間   17:00~19:00 (2時間だけ!)

  定休日    日曜・祭日(らしいのですが要確認)

 

           社長室 鶴田

2013.08.29
曲突徙薪の教え(危機管理・予防保全の考え方) その2

第一ビルメンテナンス

この、曲突徙薪の意味するところは、大事に至らないように先んじて予防すること

の大切さを説いている。また人の上に立つ者は苦言を呈する部下や、上訴する部下

を疎んじてはいけない。まして事が起こってから後始末に奔走した部下だけを評価し、

華々しい働きをしているように見える人の背後にいる、何事も起こらないように

苦労をしながら黙々と仕事をしている人を忘れてはならないということです。

 

部下の立場からいえば、危機に気づいているのに対策を立てようとせず、上司や

お客様に楯突いても始まらない、目上の者や勢力の強い相手には迎合し争わない、

その方が得策だという考えは誤りであり、後に大きな災いとなって降りかかって

くるということを教えている。

 

予め予見できるリスクやトラブルの対策を全く立てず、端から見ていて案の定と

いう感じで問題が起こると、大騒ぎして火消しに走り回る。自分はこれほど大変な

目にあっているが、こんなに頑張って解決に向け努力していますと言わんばかりに、

大声で電話をかけまくり、あちこち飛び回り遅くまで残業してアピールする。

 

上司はそれを見て、よく頑張っていると評価するのではなく、予め危機を予見

して未然に防ぐことができたのではないか、という目線で考える必要がある。

本当に評価すべきは、常に問題意識をもちトラブルを未然に防いでいる者である。

問題が起きないように先手先手と手を打ち、万一ぼやが起きそうになるとあわてず

騒がずさっさと火を消してしまう、この者の仕事ぶりこそ見習い評価すべきである。

 

危機管理の基本は、「悲観的に準備し、楽観的に対応せよ」「最悪に備えよ」

である。(初代内閣安全保障室長 佐々淳行)

 

問題の先送りをして、何も手を打たず漫然と過ごしている限り、次の危機、

その次の危機と押し寄せてくる。お客様の要望であっても、わが社で対応

できるものと、対応できないものを明確にして、無用な期待をお客様にもた

せることを避けなければ、終にはお客様の信頼を失い、新たな危機を招く

ことになる。

 

危機に対応するだけでなく、これを予防する組織つくりをすることが急務である。

そのためには常に正しい情報が瞬時にあがる体制にすることである。情報が滞る

組織体制では危機を避けることはできない。

 

ビルメンテナンスとは予防保全学であり、トラブルが起きる前に予め問題点を

予測し、定期サイクルを回して点検を実施し状況により適切な対応を重ねる

ことで、設備トラブルや建物環境の劣化、人災を防ぐのが目的のサービスです。

 

また、第一ビルメンテナンスの開発した設備機器監視システムの考え方は、

ポンプなどの設備機器等の運転回数や運転時間、圧力、水量など設備機械の

寿命に影響を与えるアナログ値を、継続的に測定監視しながら管理すること

により、故障の前兆を予知し問題が発生する前にメンテナンスを施して、

設備機器の耐用年数を最大限に延ばし、運転管理の負担軽減や設備機器の

安定稼働を促そうとするものです。

 

曲突徙薪の逸話は、経営や営業ばかりでなく現場管理や設備管理にも通じる

ものがあり、肝に銘じたい教えです。

 

社長室 鶴田

2013.08.28
曲突徙薪の教え(危機管理・予防保全の考え方) その1

第一ビルメンテナンス

統括会議ならびに部門長会議において、先日社長から次のようなお話がありました。

 

最近部門長の危機管理意識が薄れていること。

危機管理とは将来を見通し本当の危険・危機とは何かを考えて予防をすること。

危機や品質低下は自分達が起こしており、危機を起こさない対応に徹すること。

自分が危機管理・品質管理の隊長であることを認識すること。

統括・部門長は職務上必要のある時は、真っ直ぐな発信をして欲しい。

 

十八史略(西漢宣帝)に「曲突徙薪(きょくとつししん)」の例え話がある。

 

漢の宣帝の時代に霍光という重臣が実権を握っていた。これを見て徐福という者が

再三、宣帝に上訴した。「霍光の一族は霍光の威光を振りかざして傲慢な振る舞い

が目に余る。その内謀反を起こす危険性があるので、今の内に手を打つべきだ」

しかし、霍光の功績は大であり、霍光の力が強かったこともありその忠告は聞き

入れられなかった。

 

霍光の死後、一族が謀反を企てていることが発覚し、宣帝は軍を派遣し謀反の

一味を滅ぼした。宣帝は霍一族の鎮圧に功のあった者に褒美を与えたが、徐福は

報償の対象にはならなかった。

徐福の上訴を知っていた者が宣帝に一通の手紙を送り次の例え話を伝えた。

 

曲突徙薪無恩沢 焦頭爛額為上客耶

(曲突、薪を移すは恩沢なく、焦頭爛額(しょうとうらんがく)、上客となすや)
これを読んだ宣帝は自らを恥じ、あらためて徐福を表彰した上で高位につけた。

 

この曲突徙薪の例え話は以下のような内容です。

 

旅人がやってきて、母屋で火を盛んに燃やしているのを見て、主人に忠告した。
「火の粉がまともに屋根に掛かるから、煙突を曲げて(曲突)保管してある薪も

火元から離れたところに移した方がよい(徙薪)」と忠告した。

主人は余計なことを言うなと聞く耳持たず、褒美も与えず何の対策もしなかった。

その後、旅人の予想通り火事が起こり、たまたま通りかかった別の旅人が火の

中に飛び込み、頭を焦がし額を火に爛(ただ)れさせて消火救助に奮闘した。

主人はおおいに喜んで、この旅人を最高待遇でもてなした。

 

ところが、かつて主人に煙突や薪について忠告をした人は宴に呼びもしなかった。

「あの人の忠告を素直に聞いていれば、火事になることはなかったのではないか。

そういう大事なことを言ってくれた人を何故真っ先に招かないのか。」

と主人を諭した者がいた。

 

その2につづく

 

社長室 鶴田

 

2013.08.09
忘れてはならない、この日

第一ビルメンテナンス

68年前の8月9日、長崎市内にプルトニウム型原子爆弾が投下されました。

 

このたった1発の兵器により、当時の長崎市の人口24万人の62%にあたる、

約14万9千人の人命が奪われました。

 

現在、世界中で「ナガサキ」とカタカナ表記される場合は、長崎市への

原爆投下を指しています。

 

私の中学生時代の修学旅行は九州一周旅行でした。

青春真っ盛り、その浮かれた旅程の途中に立ち寄ったのが長崎国際文化

会館の原爆資料館でした。そこに展示してある被災資料や再現模型、映像

資料は幼い私に大きな衝撃を与えました。

 

以来、6回ほどこの地を訪れました。

爆心地公園は今ではすっかり緑に囲まれ落ち着いた雰囲気を漂わせています。

この地に立ち、折り鶴を目にする度に得も言われぬ思いがこみ上げてきます。

悲しみと感謝の気持ちが交錯し、何気なく享受している平和の尊さを、

あらためて強く感じざるをえません。

 

百聞は一見に如かず、何の話か分からないという若い社員の皆さんは、

Googleで、「原爆資料館」と画像ググってみてください。

 

 

genbaku_toka_mae  genbaku_toka_after

原爆投下2日前の爆心地付近(米軍撮影)      原爆投下1か月後の爆心地付近(米軍撮影)

 

 

力強く復興を遂げた観光の街長崎、瑠璃庵長崎工芸館のビードロを

いつかまた見に行きたいと思います。

 

「ナガサキ」が人類史上最後の被爆地となるよう祈って止みません。

社長室 鶴田

2013.07.16
永年勤続表彰

第一ビルメンテナンス

7月15日経営計画発表会に於いて、永年勤続表彰が行われました。

 

第一ビルメンテナンスにはさまざまな表彰制度がありますが、この永年勤続表彰は

経営発表会の時点で勤続年数が10年・15年・20年・25年以上などの在籍年数に応じて

会社から表彰されるものです。

 

永年勤続表彰の実施率は90年代以降年々減少傾向にありますが、第一ビルメンテ

ナンスでは社員表彰規程に基づいて毎年、経営計画発表会の席で表彰を行っています。

今年は規定の勤続年数に達した社員の中から、人格及び能力に於いて他の社員の模範

とするに足りる6人の社員が表彰されました。

 

受賞者6人には社長より、賞状とご褒美の10万円の旅行券が贈られました。

 

産労総合研究所の調査によれば、勤続表彰は10年単位で実施する企業が多く、

当社のように5年刻みで行う企業は少数のようです。表彰の副賞として贈られる

賞品価格の平均は次のようになっています。

 

調査平均               第一ビルメンテナンス

勤続  5年    1.6万円               -

勤続10年    3.6万円           10万円

勤続15年    3.7万円           10万円

勤続20年    7.5万円           10万円

勤続25年    7.1万円           10万円

勤続30年    13.2万円           10万円

勤続35年    8.5万円           10万円

勤続40年    11.1万円           10万円

 

この調査結果からみても、社員に対する社長の篤い思いが感じ取れるのでは

ないでしょうか。表彰の栄に浴した6名の永年勤続者は以下の社員になります。

 

 

IMGP7660

 

 

高橋大介(千葉支店)

藤森勇次(第2支店)

杉崎 龍(埼玉支店)

山口哲平(新宿営業所)

竹久直孝(中央支店)

堀江康之(横浜支店)

 

これまでの長きにわたるご苦労と努力に感謝の言葉を述べさせていただく

とともに、今後も社員の模範となって活躍され、お客様第一主義を貫き、

伝説の領域達成に向け尽力されることを期待しております。

 

受賞者の皆様、おめでとうございます。

社長室 鶴田