社員ブログ

アーカイブ

  • お問い合わせ 0120-889394(ハヤクミガクヨ)無料でご提案・お見積いたします。
  • 建物管理のお困りごとQ&A
  • ヒートプレッシャー
  • 洗剤レス清掃サービス
  • ハウスクリーニング
  • 大理石研磨再生艶出し
  • かけつけ24
  • 安心フルサポートパック
  • 社員ブログ
  • 社長ブログ
  • ひとえいち
  • アーステクノサービス株式会社

社員ブログ

2020.01.09
第3回内定者研修を開催しました!

第一ビルメンテナンス

2020年4月に入社を予定している大卒の新卒採用内定者を対象に、
去る12月20日(金)『第3回内定者研修』を開催しました。

大卒内定者は、総合職3名、技術職2名の計5名です。

入社前の研修は全部で3回あり、7月1回目、10月に2回目、
そして今回12月が入社前最後の開催となります。

テーマは大きく2つ、「会社を知る」「自分を知る」です。

「会社を知る」では、入社前に会社や仕事についての最低限の知識にふれると共に、
社会人デビューの準備や心構えを整える時間となりました。



1

↑真剣そのものです。

そして「自分を知る」では、仕事を通して人生の自己実現を目指すことに触れました。
自分の人生をストーリ-として創造しながら現実世界へと理想や夢を描き出す、
いわば “演出 兼 主役” の『自分』について、
真剣に向き合うことは人生を謳歌するに不可欠です。

これまでの自分の人生を振り返り、徹底的に深く、深く、追求しました。

自分はなにものなのか?
何を欲しているのか?
何が嫌でなにが楽しいのか?
そして、なぜそんな今の自分なのか?

何かあたらしいことに挑戦するとき、必ず誰もが経験する『超えなければ、
先へ進めない『壁』が出現したとき、自分の行動習性や、実は備え持っている最強の武器に
気が付くきっかけとなっていれば嬉しいです。

そして夢を100個書き出すワーク『MyDream100』 では、
『自分の思い』が未来に現実化することに触れました。



2

↑ワクワクする理想の未来を楽しそうに語っています。

『なりたい自分になるためには、、、』
『夢を現実にするには、、、』

答えは・・・  『すべては思いから始まる。』

ぜひ、この会社で働きながら、それぞれの夢を実現するために、
さらに成長したフィールドとなるよう会社成長を一緒に支え合いながら、未来を創造しましょう!

社会人生活スタートに向けて
よく学び、よく遊び、残りの学生生活も大いに謳歌してくださいね!

内定者の皆さん、4月からどうぞ宜しくお願い致します。





HR事業部 山中紀央子

2019.11.28
ローリングタワー研修

第一ビルメンテナンス

11月25日 オマタ土鉱機商会さんでローリングタワー研修を実施しました。


今回は 「足場の組立て等特別教育」「フルハーネス型安全帯の義務化」など法改正が
あり、これを機会に安全にローリングタワーを組めるよう、メーカーのマニュアルに沿って
正確に組立解体ができるようになるのが目的でした。


長く高所作業をしてきた自分も業界の先輩たちからの口伝で職人伝承形式で
覚えてやってきました。しかし、本当に正しいやり方を理論とともに学び
きちんと後輩たちに教えていくことが大事だと思い、よくレンタルする
小俣社長にお願いし講習をして頂きました。


オマタ土鉱機商会さんは大正12年創業のレンタル機材の老舗です。
渋谷の東3丁目にあり、JR山手線からもビルに人形がしがみついている
店舗が見えるので目にした人もいるかもしれません。


オマタさんの駐車場にローリングタワーを用意してもらい
さっそく講習が始まりました。小俣社長自ら講師となって
頂きました。

写真①



ひとつひとつの部材の説明、法定的な説明と理論も教えて
もらいました。足場を組んだことがない新人も
長年やってきたベテランも、初めて聞く内容に
食い入るように聞いていました。自分もここぞとばかり質問して
なかなか進まなくなってしまいました。(笑)


特にアウトリガーの張り出し幅の計算の仕方や
階段での脚の伸ばし方など、すぐに使えることばかりです。


今回は定期班から福島所長と阿部部長も参加してもらったので
福島所長にハーネスを付けてもらい実際組んでもらいました。


写真②


足場板の開ける場所とクロス材の位置などよく考えながら
組み立てる必要があることや、転落防止で手すり枠を
下にも入れることなど、実際やるとわかることが
多くメーカーのマニュアル通りだと足場板を最初に外したりと
「なるほど」と思うことばかりでした。


写真③写真④


今回シングルサイズだったので斜めブレースが2本、
水平ブレースが1本組みます。
これも入れる位置が決まっているのを知りました。
今までは余った部材を余計に入れていたので強度には
関係ないことも学びました。


写真⑤


最後に軽量足場のハッスルタワーについても
正しい組み方を教えて頂きました。
これは、ブレースが通常より多く必要で
今までは足りなかったと冷や汗が出ました。


あっという間に時間が経ち終了しました。
最後に阿部部長が代表で小俣社長にお礼を伝え
全員で挨拶し終了しました。


最後に学園際シーズンの繁忙期に関わらず講習会を
引き受けて頂いた小俣社長に本当に感謝いたします。
ありがとうございました。
レンタルする足場で事故を起こさないことが
一番のお返しではないかと思っています。


また講習会を許可して頂いた社長と専務にこの場を借りて
お礼申し上げます。
定期班含め会社全体に水平展開し、後輩に正しい技術で
安全作業となるよう伝えていきます。






            2019年11月 ガラス事業所 坪内

2019.07.11
アルカリイオン水の講習会

第一ビルメンテナンス

6月24日(月)に蔵王産業株式会社の酒井様と相馬様に来社して頂き、
アルカリイオン水についての講習を行って頂きました。
当社はこのアルカリイオン水を導入して約6年が経ちます。



写真①

営業・業務などを含め約30人の社員が受講致しました。
当社でも既に導入しているZKシリーズの新たなアルカリイオン電解水の生成機
の性能も改めて学ぶ事が出来ました。


既存のアルカリイオン電解水の生成機ではpH12.5までしか生成する事が出来ませんでした。
しかし新たに導入したZKプレミアムはpH13.1までpHを上げる事が出来ます。
pHが1違うと、アルカリの濃度は10倍異なります。
一般的に自家生成されるpH11程度の電解水とZKプレミアムで生成されるpH13.1
の強アルカリイオン電解水では、アルカリの濃度に125倍もの差があります。
そのため当然、洗浄力に大きな違いが生まれます。



ZKプレミアム

私たちが普段使用しているアルカリイオン水ですが、
その性能を最大限に活かしていく為にも講習会を行って頂き学びました。
知らない基礎知識から、普段悩んでいた問題もすべて丁寧に説明して頂きました。


当社では床面洗浄の際にはアルカリイオン水を使用しております。
一般的なビルメンテナンスの洗浄作業では開放廊下の床面には界面活性剤を含んだ
業務用のアルカリ性洗剤が使用されると思います。
しかし残留洗剤の可能性が高く、再汚染もしやすくなります。


アルカリイオン水は合成界面活性剤などの環境汚染物質を含みませんので、
洗剤が残留せず再汚染の可能性もありません。すすぎ作業が大幅に減少し節水にも繋がります。


全てに対して効果を有する訳ではありませんが、除菌・ウイルスの失活・消臭効果もあります。
アルカリイオン水は界面活性剤、化学物質、BOD、CODを含有しておりませんので、
作業現場のマンションに住む居住者様や通行されるお客様にも安心です。
そのため洗浄している床がヌルヌルせず、滑りやすい状況を作らず安全です。
実際に様々な現場や作業で活用出来る事を学びました。

写真②


私たちが分からない事や疑問に思ったことは蔵王産業様にご質問させて頂き、
その場で丁寧に説明してもらい解決して頂きました。
蔵王産業様が実際に現場で落とした汚れや現場での体験を教えて頂きながら、
私たちがお客様にもしっかりと説明出来るようにお伝えして頂きました。
pHが上がり洗浄力も向上し、アルカリイオン水を使用した洗浄後も
しっかりと自信を持って品質保証出来ると思います。


写真③



実際にゴマ油をコップ内にご用意してもらい、洗剤反応の仕方を実演して頂きました。
アルカリイオン水を油と一緒に混ぜる事ですぐに反応し、
分解するスピードが実演を通して理解する事が出来ました。
アルカリイオン水には鹸化作用と乳化作用があり、
この二つの作用で汚れを物体から離れやすくさせる事が出来ます。


自分達の目の前で実演してもらったことで、
洗剤によっても効果の違いが明らかにわかりました。
それにより「なぜこの洗剤が良いの?」など素朴な疑問は私たちがお客様に質問された時でも
丁寧に分かりやすく説明出来ると思います。
また現場での提案力も向上していきたいと思いました。

お忙しいところ講師として研修を行って頂いた蔵王産業様いつも有難うございます。
当社でもこの様な高価な機材を導入出来る事はとても有難い事です。
今後も私たちが現場を管理するうえでの知識や技術をお客様に満足して頂ける以上に
日々精進努力して参りたいと思います。まずは、いま学べる事を一つ一つ吸収し成長していきます。





世田谷営業所 本多直由

2019.05.30
営業開発部 ガラス研修!

第一ビルメンテナンス

5月17日(金)にガラス研修に参加させて頂きました!


入社して1ヶ月と半月が過ぎ・・
ガラス研修とは、ガラスの拭き方の講習かな?
それともガラスについての説明を聞くのかな?


など様々な事を考えながら開催場所の横浜の日吉に着いてみると…なんと…



写真1


クライミングジムでロープを使った講習をしていました!


今回の講習は、
日本産業用ロープアクセス協会と東京ガラスクリーニング協会(GCA)の両方で講師をされている、
株式会社FTG代表の福原講師による「ロープアクセス技術」の講習でした。


ロープアクセスとは従来のロープ作業に比べ、ロープからロープに作業員が移り、
一緒に現場で働いている仲間に何かあった際助けることが可能になる技術で、
上から下に降りるだけでなく、下から上に登っての作業も可能になります。
下から上に登ることが出来るので、建物内の吹き抜けのガラス清掃も出来るようです!


実際にお話を聞かせて頂き、ロープの結び方が箇所によって違う事や、
ロープ作業に使用するロープの種類等、様々な事を丁寧に教えて下さり、
いかに高所での作業に安全対策が必要かを学ばせて頂きました。

写真2


最後には私達3人も実際にロープを使っての講習を行わせて頂きました。
私も含め3人全員が初めての体験で悪戦苦闘…。
ロープの揺れる感覚にただただ身を任せる形でした…。笑


ロープ作業がどれだけ大変なのかを身をもって感じた大変貴重なお時間となりました。
そしてロープ作業の際には装着する物の準備・確認が大切という事をとても感じました。


貴重な経験をさせて頂きありがとうございました!
今後の仕事に役立てていきます!






営業開発部 大野

2019.05.16
ガラス事業所 安全講習会開催

第一ビルメンテナンス

2019年4月30日・ 5月10日・17日におきまして3日間外部講師をお招きして
安全講習会を開催致しました。
今回は日本産業用ロープアクセス協会と東京ガラスクリーニング協会(GCA)の両方で
講師をされている、株式会社FTG代表の福原講師にお願いしました。


福原講師は産業用ロープアクセスの国際資格IRATA(アイラタ)の講師もされている、
ロープアクセスのスペシャリストです。また、我々ガラス事業所が所属するGCAで
ロープ法定講習の時にお世話になった方でもあります。
多忙のなか、今回の勉強会を開催して頂きました。



【1日目】
平成最後の日4月30日に本社セミナールームで座学から開始致しました。
この座学は高所フルハーネスの特別教育も含まれているため、
全員の受講が義務付けられています。
専務にもお休みのところだったのですがオブザーバーとして見学して頂きました。


写真①


単に法定講習にとどまらず、具体的にロープ作業でのリスクも貴重な資料とともに
講義して頂いたので、とてもわかりやすく勉強になりました。
さらに5月に実施するロープアクセス講習への橋渡し的な内容にもなっています。


【2日目・3日目】
5月10日と17日にクライミングジムのビックロック日吉店にて、ロープアクセスの実技講習会を
実施しました。 普段のガラス清掃ではいわゆるブランコ作業がメインですが、それとは別の
ロープアクセス技術、それも最新のロープアクセス技術を体系的にマンツーマンで
受けられるとあって受講する我々も真剣に実技を受ける事ができました。


写真②


管理職の私も十数年前にロープアクセス協会の本部で受講したのですが、私の技術は
過去の技術と指摘され、みなに混じって再受講させてもらいました。
若いクルーの人達とは違いメタボ気味の体が動かずかなり悪戦苦闘し、
何とかついていくのが精一杯でした。(笑)


写真③



最後のレスキュー編には今日習った技術のすべてが詰まっており体系的に学ぶことの
重要さが身にしみて実感できました。みな真剣に受講するので覚えるのが早いです。


写真④


みっちり5時間やった後は全員が筋肉痛になっていましたが、自分がレベルアップしたのが
わかるだけに、疲労よりも爽快感でみな笑顔になっているのが印象的でした。

今回受講して安全に対する意識とプロの技術を再構築できました。
福原講師には、急な依頼にも関わらず講習を引き受けてくださり、FTGの関係者のみなさん
本当にお世話になりました。ありがとうございました。
今後安全第一の無事故を目指し仕事に活かしていくことが大事だと心に誓いました。



また、講習会を開くことを許可して頂いた社長とサポートして頂いた専務に
この場をお借りしてお礼申し上げます。仕事の成果でお返しできるよう
日々の業務に気を引き締めて取り組んでいきます。 
                                    以上



                                  
                                  ガラス事業所 坪内

2019.04.22
2019 新卒 専門職向け 技術新人研修スタート‼

第一ビルメンテナンス

4月1日(月)に入社式を終えた新入社員達が新たに会社の仲間に加わりました!
4月3日(水)から4月5日(金)の3日間は千葉県内で合宿研修を実施しました。


これから2ヶ月間かけて、配属されるまでに学ぶべき技術や知識を短期間では
ありますが基本から教えていきます。


4月8日(月)からは研修センターで行われる実技研修が初日を迎えました!
この日は全員が揃って行う研修との事で、私自身も研修を通して新入社員と一緒に
学ぶ事が出来る嬉しさから朝早く出社しました。新入社員に気持ち良く研修して
もらう為に準備を進めました!

研修がスタート!

d1


清掃マニュアルを用いた講習を行ってから、実際の作業を全員で取り組みました!
実技研修ではテストも行っており、最後の一人が合格するまで全員でフォロー
しながら合格を目指します!


やはり新入社員はわからない事がわからない中で、新しく学んだことを必死に覚えて
自分の経験や知識として取り入れようと素直に聞き、実践しようと頑張っています。
そんな姿に講師である私達も負けないくらい、熱の入った指導を行いました!!


d2


先輩社員からの指導もしっかりと受け止めて育つ姿は社会人としての成長を感じます。


5月28日(火)は新入社員研修の成果を発揮する『チャレンジカップ』が行われます。
13名の新入社員がビルクリーニング技能士一級の床面洗浄作業の競技で争います。
1位の人には7月1日(月)に行われる技能オリンピック個人戦の出場権が与えられます。
限られた研修時間ではありますが、1位を目指し頑張って下さい!!!


d3


研修の場所は研修センターが主になり各営業所でも行われます。各営業所の研修では
実際に現場作業の研修も行います。先輩社員が付き添って一つ一つの作業を丁寧に
指導します。


最初は慣れない中で研修が進み、一日が終わると皆疲れ気味になっています。
心と体のケアも今後、社会人となってからは大事になってきます。
毎日の成長の為にもしっかりと身体を休めましょう!


d4 (2)

私自身も今まで先輩に教えてもらった事、助けてもらう場面がありました。
そういった学びの中で今があると感謝の気持ちが湧いてきました。その恩を忘れずに
今度は自分が後輩達に教えて、みんなが成長する為にフォローしていきたいと思います!



一所懸命にひた向きに研修に挑んでくれる新入社員には感謝の気持ちで一杯です!


配属先でも仕事を覚えられるか等の不安が多いと思います。
いつも元気の良い明るい挨拶は100%出来るよう身に付けてもらい、
新たな配属先で活躍して輝いて欲しいと思います!!



世田谷営業所  本多直由

2019.04.18
2019新入社員合宿研修!

第一ビルメンテナンス

4月3日〜5日の3日間、新入社員研修で千葉県のリソル生命の森へ行ってきました!
桜がちょうど見頃の満開を迎えており、春の陽気を感じながらの研修となりました。

研修の目的は、同じ考え方で一緒に頑張るという意識や同期の大切さ、
会社の方向性や規律、ルールについて知識理解を深める事です。

座学だけではなく、新入社員22名が4つのグループに分かれ、様々なワークに取り組みました。

e1


研修1日目は、まだ緊張もありぎこちない雰囲気でしたが、徐々に打ち解けて積極的に意見を出し合うようになりました。

e2


2日目は田口部長、鹿島次長、石川社員、小池社員に参加して頂きました。

↓目隠しワークの様子です。



e3


目隠しをして立った状態で移動をし、全員で椅子に座る事がミッションでした。
話し合いをして策を考え、何度か挑戦する事で達成することが出来ました。


固定概念に惑わされない事、思いやりの気持ち、全員で団結する事の大切さを実感しました。

昼食はBBQで交流を深めました。


e4

e5

アウトドアワークでは、敷地内にある6カ所のポイントを見つけ、
全員で帰ってくるというミッションが課せられました。
グループごとに出発したものの、グループ関係なく全員で協力しなければならないものでした。

順調にみんなで協力して取り組めていたはずが、
途中から嘘をついたり敵として見てしまったりとミッションの本質を見失う場面も・・・。

ハラハラした気持ちで先輩社員に見守られながらも、
最終的には協力し合い団結した姿を見せる事ができました。


e6



仲間と同じ気持ちで一つの目標を成し遂げる事の大変さや達成感を味わい、
仲間の大切さを実感した3日間でした。


座学では、挨拶や返事、報連相の重要さ等を改めて学びました。
「当たり前の事を当たり前にできるように。」
このことを常に意識して、自信を持った振る舞いをしていきたいです。
また、第一ビルメンテンスの一員という事をしっかりと認識し、
誇りを持って業務に励みたいと思います。

今回の研修を通して、社会人のスタートを最高の形で切る事が出来たと思います。
合宿に同行して頂きました阿部部長、渡邉次長はじめ、
田口部長、鹿島次長、石川社員、小池社員、ありがとうございました。



本社営業部第5グループ 田中歩実

2018.10.18
【2019新卒向け】第二回内定者研修

第一ビルメンテナンス

去る10月3日(水)に、2019年4月に入社を予定している内定者を対象に
『第二回内定者研修』を開催しました。


2019新卒では、内定してから入社までの間、全3回の内定者研修を実施します。


入社までの期間で、会社や仕事についての知識を深めて社会人デビューの準備をして頂き、
また、仕事を通して人生の自己実現を目指していくことを目的として
自分についても真剣に向き合って頂くことを目的として企画しています。


コンテンツは「会社を知る」「自分を知る」が当研修の2大テーマです。


「会社を知る」では当社の経営において羅針盤のような役割を担う
『経営計画書』の理解を深め、会社組織について知ることに加えて、

仲間と同じゴールを目指すときに重要なビジネススキルとなる


『コンセンサス-合意形成-』についても、
講義とグループワークを通して触れて頂く時間となりました。


ワークの内容は、全員であるストーリーを読んで各自・各グループで
それぞれの好感度順に順位付けしてみる、という内容です。


最初は個人ワークで、各個人がそれぞれの好感度順に評価します。
その後、グループワークでその順位を比較してみると、見事にバラバラ!


それを今度はグループの意見としてグループ好感度順位にまとめます。
多数決をせず、それぞれがなぜその順位だと感じたのか、
理由を意見しあいながら、全員の納得を得る形で順位を決めて頂きます。


バラバラな個々の意見を、1つのグループ意見にまとめる。


1_サイズ35×522_サイズ35×523_サイズ35×52

↑難しいと言いながらも、楽しそうに意見を言い合っています。

みんな四苦八苦しながらも、
ポイントを抑えながらなんとか時間内にグループ全員が納得する一つの意見にまとめ
いざ、発表です!


4_サイズ70×105

↑グループを代表して発表してくれた内定者の吉田さん。
ドキドキしながらも素晴らしい発表でしたね!


また
毎期ただ唱和していた『経営計画書』の真意に触れて
次回の内定者アルバイトからは、少し意味を理解しながら触れることができそうですね。


内定者研修の講師を担当したHR事業部大越マネージャーからは
企業理念や会社の目標についてのお話がありました。


内定者の皆さん、とても真剣に聞いていましたね。


5_サイズ70×105

↑講義の時間。皆さん真剣な姿勢で取り組んでいます。


最後の「自分を知る」というコンテンツでは夢を100個書き出すワークを行いました。
弊社代表の言葉にこうあります。
「思いは必ず実現する。今の自分は過去の自分がそうなりたいと思ったからある」


今思っているなりたい自分になるには、すべては思いから始まる。
内定者の皆さんにも、是非、なりたい姿、夢をより具体的にアウトプット頂き
ひとつでも多くのMyDreamを実現してほしい。


そんな想いからこのコンテンツを実施しました。


6_サイズ70×105

↑一生懸命夢を書き出しています!



『100個も思いつかない・・・』や
『夢や目標をもっと持てるようになりたい』という声もありましたが、


これは次回12月21日(金)に開催するときまでの宿題でお持ち帰りです。
ゆっくり、しっかり、沢山の個性あふれる「夢」をしっかり見出して頂きたいものです。
人生は一回きりですからね!


弊社代表は言います。
『人生は2つに1つだから。嘆き悲しみの人生か、楽しみ愉快な人生か。
せっかくだから楽しみ愉快な人生を送ってほしい。すべては想いから始まる。」


内定者研修も残すところ、あと1回。
次回は「夢の叶え方」を皆さんで深く考える時間にしましょうね!


7_サイズ70×105 (1)

↑最後に集合写真をパチリッ

内定者の皆さん、研修お疲れ様でした。
社会人生活スタートに向けて
よく学び、よく遊び、残りの学生生活も大いに謳歌してくださいね!




HR事業部
山中紀央子

2018.04.26
新入社員研修

第一ビルメンテナンス

4月4日〜6日に新入社員研修を幕張センターにて行いました。
本合宿に同行して頂きました阿部部長、渡邉統括はじめ、応援に駆けつけてくださった方々、ありがとうございました。


本研修は、新入社員12名が3チームに分かれて課題やミッションに取り組みました。


まず、チームをご紹介します。


チーム名「ニューフレッシュ」

1



チーム名「Big Melon」

2

チーム名「fresh 4」

3



最初はあまり話せなく、ぎこちなかった私たちも数多くのミッションをこなしていく内にだんだんと仲良くなっていきました。
ミッションをクリアするために、全体やチーム内で意見交換することは大事だと思いました。


合宿2日目のお昼はBBQをしました。
これもミッションの1つで、BBQ器具や食材を自分たちで準備して、所定の時間までに「いただきます」ができる状態にしなければなりませんでした。
結果は…ミッション成功ならず。
ですが、このBBQでより一層、同期の仲が深まった気がします。


4

↑みんなで食材を切っている様子です。


5

↑肉を焼いて、豚汁を作りました。



6

↑時間を大幅に過ぎて、やっと食べ始めることができました。


ラジオ体操や朝礼も行いました。

7



最終日は、座学を学びました。社会人としての立ち振舞や基本的な知識など、社会人としてスタートしたばかりな私たちにはとても刺激的で、身の引き締まる思いでした。
本研修を終えて、社会人としての自覚、これから共に働いていく仲間達のありがたみを強く痛感致しました。ミッションでは、物事の本質を1つの角度から見るのではなく、多角度からみることが重要であると考えました。今後は、同期と手を取り合い、一生懸命頑張っていく所存です。


最後に、本研修に関わって下さった方々、本当にありがとうございました。


退寮時、集合写真を撮りました。


8




統括本部 営業開発チーム 西田藍子

2018.03.26
安全運転管理者法定講習

第一ビルメンテナンス

先日、安全運転管理者法定講習を受講してきました。


af7a6297


安全運転管理者法定講習とは・・・
道路交通法第74条の3第1項により
事業所で5台以上の車両(二輪車は0.5台計算)を保有する場合は、
安全運転管理者を選任しなければならないと規定されております。


私が所属している江東営業所はハイエースを5台保有している為、
私が安全運転管理者として今回の講習を受講しております。


全国での交通事故は年々減少傾向にあるとの事でしたが、
東京都内の交通事故は増えている傾向があり、
約10分に1回は都内のどこかで交通事故が発生しているとの事でした。


事故の原因で特に多いのは、長い直線で気が緩んでしまう
漠然運転や少し目を離してしまう脇見運転が多いそうです。


弊社では定期的に安全運転委員会を開き、
各部署の委員が集り、無事故・無違反を目指す為に情報を共有しております。


今年一年、無事故無違反を達成する為に、各部署十分注意して、
社内全体で安全運転に取り組むようお願いします。


1516427928423 1516434007718




業務統括  鹿島 勇太

1 / 212