プロフィール

代表取締役 三浦 光一

1955年岩手県生まれ
子供の頃より社長になる夢を抱き、高校卒業後上京する。大学卒業時に5年後の会社経営を目指し、商社に就職する。縁あって休日に知人の清掃会社を手伝う。この体験を通じ、清掃業は新しい 産業であると確信、 28歳で一念発起して個人営業を始める。 29歳で株式会社第一ビルメンテナンスを設立。

続きを読む

アーカイブ

  • お問い合わせ 0120-889394(ハヤクミガクヨ)無料でご提案・お見積いたします。
  • 建物管理のお困りごとQ&A
  • ヒートプレッシャー
  • 洗剤レス清掃サービス
  • ハウスクリーニング
  • 大理石研磨再生艶出し
  • かけつけ24
  • 安心フルサポートパック
  • 社員ブログ
  • 社長ブログ
  • ひとえいち
  • アーステクノサービス株式会社
HOME >社長ブログ > 「成りたい自分になるために」

社長ブログ

伝説の領域に向かって

2019.03.14
「成りたい自分になるために」

第一ビルメンテナンス

私の目的目標とは成りたい自分になることである。
成りたい自分になるために私は三つのことを強く意識して行動をしてきた。


誠実に熱意をもって努力する。

何に対しても一所懸命(いっしょけんめい)やる。
一度始めたら諦めずに成功するまで継続する。


この三つを私の信条として行動してきた・・・
しかし成りたい自分にはまだ道の半分である。
残りの半分を埋(う)めるには何が必要かを深く考えてみた。


私の脳裏に浮かんだのが「学びて時に之を習うまた説(よろこ)ばしからずや・・・」の一説であった。


学びとは、真似(まね)ぶ、真似(まね)をする、良くできている人の真似をするために本を読む、よくできている人の真似をするためにその人の話を聞く、良くできている人に近づくために努めて勉強をする。


「習」という文字は、雛鳥(ひなどり)が親鳥の羽を動かすのを真似て猛禽(もうきん)類(るい)に襲われる前に大空に飛び立つための訓練を数千、数万回と繰り返している命懸けの姿という。


「学びて時に之を習う」から「学習」という言葉が生まれた・・・
私の残り半分の道を埋(う)めるのは「学習」することにあった。


今日から私の信条に「学びと習う」の二つを加え学び習う、を徹底し、これからの人生、仕事を大いに楽しみ、成りたい自分に到達しようと強く思う。


感謝、有難う御座います。