プロフィール

代表取締役 三浦 光一

1955年岩手県生まれ
子供の頃より社長になる夢を抱き、高校卒業後上京する。大学卒業時に5年後の会社経営を目指し、商社に就職する。縁あって休日に知人の清掃会社を手伝う。この体験を通じ、清掃業は新しい 産業であると確信、 28歳で一念発起して個人営業を始める。 29歳で株式会社第一ビルメンテナンスを設立。

続きを読む

アーカイブ

  • お問い合わせ 0120-889394(ハヤクミガクヨ)無料でご提案・お見積いたします。
  • 建物管理のお困りごとQ&A
  • ヒートプレッシャー
  • 洗剤レス清掃サービス
  • ハウスクリーニング
  • 大理石研磨再生艶出し
  • かけつけ24
  • 安心フルサポートパック
  • 社員ブログ
  • 社長ブログ
  • ひとえいち
  • アーステクノサービス株式会社
HOME >社長ブログ > 「心構えについて」

社長ブログ

伝説の領域に向かって

2015.09.02
「心構えについて」

第一ビルメンテナンス

子供の頃から何時とはなく「心構え」の大切さを耳にした。心構えの良い人は何をやって
もうまくいく、心構えの悪い人は何をやってもうまくいかない、という話を思い出す。

 
 

スポーツの上手い先輩が話していた。あいつは構えが悪い。構えの悪いやつはどんなに努
力しても、何をやっても、上手くいかない。

 
 

その意味がよくわかる年齢になる・・・確かに仕事で上手くいく人、上手くいかない人の
違いは朝の姿、「心構え」を見るだけでわかる。

 
 

武道の達人は相手と対峙しただけで勝負がわかるという。その構えの基は、「心構え」に
ある。

 
 

心構えの良し悪しが自分の全てを決める・・・「人生に対する心構え」、「家族に対する
心構え」、「仕事に対する心構え」、「友人、知人に対する心構え」の良し悪しで幸と不
幸が決まる。

 
 

一流のスポーツ選手は、戦う6時間前には準備をしているという。これは戦う心構えから
生まれる。

 
 

一流の仕事人は、仕事に対する心構えが違う。朝一番からの態度、振る舞い、行動の全てが
違っている。他とは違う振る舞い、行動が、一流の仕事人をつくるのである。

 
 

宮本武蔵は構えをつくるために「鍛錬(たんれん)」をした。「鍛(たん)」は千日(約3年)、
「錬(れん)」は万日(約30年)という・・・宮本武蔵が構えるだけで相手が畏れ入る。
それが「心構え」、「鍛錬(たんれん)」のなせる業である。

 
 

私も仕事に対する構えをつくる。良い心構えを持ち、仕事の為の「鍛錬」をする。「鍛(たん)」
は千日、「錬(れん)」は万日である・・・長い、長い道のりである。しかしその道のりが、極
めて楽しい道のりである。

 
 

感謝、有り難うございます。